Solution
文字読み取り技術を活用した多彩なソリューション

マイナンバーカード 解析ライブラリ

マイナンバーカード(個人番号カード/通知カードのいずれにも対応)の画像から、
12ケタのマイナンバーなど必要な情報を抽出するライブラリです。

本ライブラリの利用により、マイナンバーを取り扱う人事・給与システムなどにおける収集作業の省力化、
また、各種本人確認作業の円滑化が可能となります。

マイナンバーの番号収集に特化した「マイナンバー【番号】解析ライブラリ」と、
マイナンバーの番号以外の個人属性情報を取得するための「マイナンバー【情報】解析ライブラリ」の
2種類のライブラリをご用意しております。
また、いずれのライブラリもローカル解析、サーバ解析の両方に対応しています。

主な機能

スマートフォンで撮影したり、スキャンしたマイナンバーカード(個人番号カード/通知カード)の画像から、
氏名・マイナンバーなどの必要な情報を自動でテキスト化し抽出します。

個⼈番号カード解析

個⼈番号カード解析

個⼈番号カード解析

■住所データベースと照合するため、下記情報の取得が可能
・郵便番号情報
・市区町村住所フリガナ情報
・都道府県情報 (記載が市から始まる場合は県情報を自動付与)
■OCRの読み間違えに補正対応
(例)OCR結果「みなとみら11」
→データベースの正しい記載「みなとみらい」に補正される

通知カード解析

通知カード解析

マイナンバーや臓器提供意思などの機微情報項目に対して、必要に応じエリアごとにマスク処理を行うことができます。

臓器提供意思が記載されるエリアのマスクが可能
マイナンバー記載エリア、QRコードエリアのマスクが可能

マイナンバー記載エリアのマスクが可能

※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です

読み取り項目一覧

動作環境など

■動作対象:

  • スマートフォン向け
    Android 版(4.3以上)
    armeabi-v7a、arm64-v8a
    iOS版(8.0以上)
    ARMv7、ARM64
  • サーバー向け
    Windows版
    Windows7 Professional 32bit 64bi、Windows10 Pro 64bit
    Linux版
    RedHat6.9(CentOS6.9)、RedHat7.6(CentOS7.6)、Ubuntu16.04 LTS、Ubuntu18.04 LTS
    ※64bit ※マルチスレッド対応
  • Windowsストア向け

■サポート画像サイズ

  • 写真:推奨画素数 500万画素(カード部分が300万画素を要求)
  • 撮影後のファイルサイズは700K~1M程度になります

■ご提供物

  • IF仕様書
  • 各OSライブラリ
お問い合わせ