Solution
文字読み取り技術を活用した多彩なソリューション

自動車運転免許証 解析ライブラリ

運転免許証の画像をOCRで解析したテキストから、本人確認に必要な情報を抽出するライブラリです。
本ライブラリの利⽤により、証券会社、銀⾏、保険会社など⾦融機関や各種サービスにおいて、
受付窓⼝での本⼈確認⼿続きなどの煩雑なデータ入⼒作業を省力化することができます。
ローカル解析、サーバ解析の両⽅に対応しています。

主な機能

スマートフォンで撮影したり、スキャンした自動車運転免許証の画像から、
氏名・生年月日・免許証番号などの必要な情報を素早く安全にテキスト化し抽出します。

自動車運転免許解析ライブラリ

氏名
姓名の切り分けに対応
生年月日
西暦/和暦共に対応
住所
■住所データベースと照合するため、下記情報の取得が可能
・郵便番号情報
・市区町村住所フリガナ情報
・都道府県情報
(記載が市から始まる場合は県情報を自動付与)
■OCRの読み間違えに補正対応
(例)OCR結果「みなとみら11」
→データベースの正しい記載「みなとみらい」に補正される
免許証番号
チェックデジット機能により不正な番号でないかを判別
有効期限
2019年から改訂の新表示形式に対応(西暦・和暦併記)
免許証の色
公安委員会
交付日
二輪・小型・原付取得年月日
顔写真部分の座標情報
自動車運転免許解析ライブラリ
有効期限が旧式の表示形式にも対応
(元号のみ表記)

免許の条件や臓器提供意思などの機微情報項目に対して、必要に応じエリアごとにマスク処理を行うことができます。

マスク処理 表面

機微情報が記載される条件等
のエリアのマスクをすることが可能

マスク処理 裏面

臓器提供意思が記載される
エリアのマスクをすることが可能

読み取り項目一覧

読み取り項目一覧

動作環境など

■動作対象:

  • スマートフォン向け
    Android 版(4.3以上)
    armeabi-v7a、arm64-v8a
    iOS版(8.0以上)
    ARMv7、ARM64
  • サーバー向け
    Windows版
    Windows7 Professional 32bit 64bi、Windows10 Pro 64bit
    Linux版
    RedHat6.9(CentOS6.9)、RedHat7.6(CentOS7.6)、Ubuntu16.04 LTS、Ubuntu18.04 LTS
    ※64bit ※マルチスレッド対応
  • Windowsストア向け

■サポート画像サイズ

  • 写真:推奨画素数 500万画素(カード部分が300万画素を要求)
  • 撮影後のファイルサイズは700K~1M程度になります

■ご提供物

  • IF仕様書
  • 各OSライブラリ
お問い合わせ